スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

契約の組み直し

クレジットや貸金において一度契約をするとその内容については基本的に変更することができません。内容というのは契約者や金額、回数などのことを指します。従って通常支払い回数を延長したいと、クレジットカード会社などに申し入れをしても、丁寧に断られてしまいます。

 クレジットカード会社によっては契約を組み直すシステムを持っている場合があります。しかし、一般的には公開していません。なぜかというと返済が遅れ今後正常に戻る可能性が低い場合に適用するシステムだからです。

 もちろん全く収入がない場合には適用できませんが、収入は減ったけれども確実に定期収入がある場合には、事情を説明すれば適用可能です。クレジットカード会社側としてもこのまま遅れを放置するよりも、支払期間を延長しても確実に支払ってもらうほうが、得であることは間違いありません。

 上記に該当するようであればクレジットカード会社に相談してみることが得策です。また現在遅れがなくても、事情により今後支払えなくなる場合も場合によっては適用される可能性があります。いずれにしても早めに相談することが解決の近道です。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。