スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クレジットカードの利用停止

クレジットカードを利用する上で支払が遅れた場合には、クレジットカードの利用を停止されることがあります。この停止のタイミングはクレジットカード会社によってだいぶ違っています。数日の遅れで利用停止となる場合と、利用停止まで1ヶ月程度かかる場合があるのです。

 短期間でクレジットカードの利用停止となる場合には支払が正常になると利用ができるように復活しますが、停止までに時間がかかる場合には利用の復活が困難という特徴があります。つまりある程度の期間支払いが遅れた場合には、その後の利用も遅れる可能性が高いと判断して、利用を完全にストップするという考え方です。

 一定期間でクレジットカードの利用を停止する場合は自動で停止されるケースがほとんどですが、緊急を要する場合には手動で停止するケースもあります。遅れがないのに弁護士から通知が来たり、自己破産の手続きをした場合などです。

 また、遅れに関係なくクレジットカードの盗難・紛失の場合も急を要するので、即日利用停止となります。この場合はクレジットカードが手元にないため、利用解除ではなく再発行という方法で再利用できるようにします。

 遅れにより復活できないクレジットカードの利用停止はそのクレジットカード会社だけではなく、個人信用情報機関を通してクレジットカード会社全てに情報が伝わります。この情報により他社のクレジットカードも新規発行は難しくなります。

 ただし、他社のクレジットカード利用が遅れていない場合には、既存の他社カードが利用できなくなるということはほとんどありません。個人信用情報機関の情報は常にチェックしているわけではなく、増枠申請・更新など審査が必要となる場合にしか照会しないからです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。