スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クレジットカード申込後の注意点

クレジットカード申込みした後で、クレジットカード会社が書類上の審査のほかに行うことがあります。住民票などの確認という場合もありますが、必ずほとんどの申込に関して行うのが、電話確認と在籍確認です。

 電話確認というのはクレジットカード会社が顧客に直接電話連絡して、クレジットカード申込みの意思や申込内容の不備などを確認することです。最近では本人確認法で身分証明書を添付する関係もあり、他人になりすます行為は困難となっていますが、意思確認は契約上重要なポイントとなります。

 また電話連絡が取れるかどうかというのは、クレジットカード会社にとっては重要なポイントです。万一遅れが発生した場合に連絡が取れないようでは、督促が弱くなってしまうからです。

 クレジットカード申込む時は長期出張や旅行などで不在になる時期は避けるようにしましょう。特にはじめての申込であれば意思確認が省略されることはありません。つまり連絡が取れないうちはクレジットカードが発行されることはないのです。

 もうひとつの在籍確認は勤務しているかどうかの確認となります。これは全ての申込者に行われるわけではありません。自宅での自営業や農家などは意思確認の電話だけとなります。また、公務員など名簿がある場合には電話確認が省略される場合があります。
 しかし、会社勤めで初めての申込であれば、会社に在籍確認の電話を入れるのが普通です。つまり勤めているかどうかの確認ということになります。

 従って勤務先の記載には充分注意しましょう。特に大企業では部署や所属が明確でないと在籍が確認できない場合があります。
 また、パートやアルバイトでその旨を記載していないと、正社員として在籍確認した際に「勤務していません」という回答となり、ほぼ却下の対象となってしまいます。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。