スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

督促を受けない方法

遅れないことが督促を受けない最良の方法ですが、根本的に今後の支払が困難となり、遅れを取り戻すことが事実上できなくなった場合に、督促を受けずにすむ方法があります。お金があるのに支払わないという支払ルーズなだけの場合は、もちろん督促を受けずにすむ方法はありません。

 勤務先の倒産や、不慮の事故や病気、リストラなどやむをえない事情により、長期的に返済が困難となった場合にのみ、督促を全く受けずにすむ方法があります。それは弁護士(司法書士)に依頼するという方法です。

 弁護士や司法書士に債務整理や自己破産、民事再生などを依頼し、弁護士が債権者(クレジットカード会社など)に対して依頼を受けたという通知を発送し、債権者が受け取った時点で督促業務ができなくなります。弁護士依頼をしたにも関わらず直接督促を行うことは禁止されていますので、弁護士への委任が解除されるまで督促は行われません。

 根本的に収入を上回るような返済額となるような多重債務状態になる前に弁護士へ相談、依頼することをおすすめします。督促を受けること自体がストレスとなり、仕事へも悪影響を与え、悪循環となることが目に見えています。

 法テラスは相談場所や弁護士を紹介してくれる公的機関です。無料ですので最初に相談してみるとよいでしょう。弁護士費用は高額なイメージがありますが、10万円から30万円くらいで分割や積み立てなどで支払うこともできます。ひとりで悩んでも解決しませんのでまずは相談してみましょう。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。