スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポイントサービスの選び方

クレジットカードに欠かせないサービスのひとつとしてポイントサービスがあります。このポイント制度にはクレジットカード会社により特徴がありますが、その中でポイント制度を比較する視点をお知らせします。

 ポイント制度の比較には3つのポイントがあります。付与率・還元率・有効期限です。

◆付与率

 いくら使えば何ポイントもらえるかという率です。一般的には1000円で1ポイントとなっています。また、200円で0.2ポイントという表示だと、率としては同じですが少額利用でもポイントとなるのが特長です。
 中には200円で1ポイントというクレジットカードもあり、すごく得のようですが実は付与率だけでは損得の判断はできません。比較するには還元率が重要となります。

◆還元率

 いくらのポイントで何円分の商品に交換できるかという率です。一般的には0.5%の還元率が多くなっています。最高レベルで1.0~1.2%といったところです。
 付与率が高くても還元率が低ければメリットは少なくなりますので、この還元率を調べることが重要です。各社のホームページを見ると交換商品がわかりますので、手っ取り早く交換可能な商品券の金額と交換ポイントを確認します。

 1000円で1ポイント付与、200ポイントで1000円の商品券に交換の場合。

 必要な利用金額:1000円×200ポイント=200,000円
 還元率:1000円÷200,000円=0.5%

◆有効期限

 もっとも重要なのは有効期限かもしれません。有効期限内に商品交換できるだけのポイントが貯まらなければ何の意味もないからです。通常2年でゴールドカードが3年程度が標準です。自分が年間最低いくら利用するのか試算して、還元率のよいクレジットカードを選ぶことが必要です。
 あまり年間利用が多くない人は有効期限のないクレジットカードがおすすめです。また、高額商品を狙ってみたい人にもおすすめです。有効期限を気にせずじっくり貯めることができます。

 ポイントのお得なクレジットカード
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。