スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クレジットカードサービスの見直し

クレジットカード業界は現在厳しい状況あります。先日も過払い金返還請求で1000件以上の集団訴訟がありました(2007.5)。こういった返還金や金利の上昇などで利益は軒並み減少しているのが現状です。

 こういった理由からか、先日オリコのアプティカードがアプティスマイルポイントの廃止を決定しています(2007.6.1~)。ポイント制度は現在のクレジットカードの最大の集客ポイントといっても差し支えありません。このポイント制度を見直しているというのは、かなり切羽詰った状況であるかもしれません。

 オリコのアプティカードは年会費無料から有料(1,312円ただし、年間1回の利用で翌年無料)への変更も予定しています。これは利用のない休眠会員を減らす目的もありそうです。
 また、残高スライド方式の変動返済方法から、利用枠で決定する固定返済方式への変更も行われます。これも残高が少なくても返済金額が下がらないため、残高アップを図るための方策といえそうです。

 今後はこういったサービスの見直しや合併、業務提携などが行われ、クレジットカード会社の淘汰や業界再編成につながっていくかもしれません。
 また、逆に今までにはなかったサービスも出てきており、今後はサービスの見直しも生き残りの重要なポイントとなるでしょう。

 新しいサービスの例
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。