スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャッシングの督促

キャッシング(貸金)の支払の遅れに対する督促業務は、他の事業に比べて大きく異なる点があります。それは一度でも遅れると残金を一括して支払わなければならないということです。貸金業に関しては業者に対して厳しい規制がありますが、支払が遅れた場合については借りた側にも厳しい規約が認められています。

 それだけお金を借りた側が遅れた場合には対応を早くしないと手遅れになるケースが多いのです。といっても現実的には一度遅れただけで全額請求するクレジットカード会社も貸金業者もありません。ますます支払えなくなるのが目に見えているからです。

 どういったケースで一括請求されるかというと、今後正常な支払が見込めず法律的に強制回収を行わなければいけないと貸金業者が判断した場合です。ショッピングクレジットは支払いが遅れても20日以上経過しないと裁判所に一括請求の手続きができません。その点貸金に関しては即日裁判手続きが可能となっているのです。

 万一支払いが遅れ、全額支払うお金がない場合、ショッピング利用と貸し金利用があれば、貸金部分だけでも支払っておくことが重要です。必ず連絡を取ってどの利用に充当するのかを指定してから振り込みましょう。全額準備できるまで引き延ばすよりは一部だけでも支払ったほうが心象がよくなることもあります。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。