スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

磁気ストライプ

クレジットカードには磁気ストライプと呼ばれるものがあり、その中に必要な情報が記録されています。昔からクレジットカードをお持ちの過多はわかるかもしれませんが、磁気ストライプは黒く長い帯になっていました。

 ある程度の年齢の方は磁気テープというと黒い帯というイメージがあるかもしれません。カセットテープやオープンリール式の磁気テープがそうだったからです。昔のパソコンも記録媒体がカセットテープだった時期もあります。

 そういったわけでクレジットカードにも黒い帯が付いていました。しかも当時の時期には暗証番号も記録されていました。暗証番号を変更するにはクレジットカードを再発行する必要があったのです。再発行も面倒ですが、磁気から暗証番号を読み取って悪用する手口が多発したことがありました。

 読み取るには機械も不要で、砂鉄によってできた模様を読み取ることで暗証番号が判明したのです。それ以降暗証番号は磁気ストライプではなくホストコンピューターで管理することとなりました。

 今のクレジットカードには黒いストライプはありませんが、磁気ストライプ自体は存在しています。印刷技術の発達で磁気部分にも印刷が可能となったようです。今後クレジットカードが全てICカードに切り替われば磁気ストライプの必要はなくなりますが、利用する側にはなくなったこともわからないかもしれません。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。