スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

申込条件の読み方

クレジットカードを申込む際、ホームページの説明などに申込条件が記載されている場合があります。この文章の解釈の仕方を説明してみたいと思います。解釈しだいでは誰でも申込可能のようにも受け取れますが、実際にはちがう場合もあります。

 クレジットカード申込条件の年齢はほぼ絶対的で特に下限の18歳以上に例外はありません。申込時点(記載申込日)で一日でも前の場合には却下されますので、確実に満18歳になってから申込んでください。高校生も例外なく対象外です。

 「定期的で安定した収入」と記載されている場合は、ほぼサラリーマンを前提としていると思われますが、「本人または配偶者が」と記載されている場合には、主婦も対象としています。自営業でも自営年数が長ければ安定していると判断されます。

 「18歳以上で電話連絡可能な方」と記載されているのは信販系に多く見られます。しかし収入に触れていないからといって無職でも審査対象というわけではありません。主婦や学生も対象としている場合にこのような表現となります。ちなみに学生は短大、専門学校でもOKです(高校を卒業している年齢)。

 学生カードは専用のものもありますが、一般カードでも取扱っているケースもあります。専用の学生カードは学生向けの特典がありお得です。卒業後は審査のうえ一般カードに切替となります。日本は学生に甘いので年会費は学生の間は無料です。

 「18歳以上で電話連絡可能な方」という記載のケースではパート、アルバイトも対象としているクレジットカード会社がほとんどです。具体的にパート、アルバイト可と表記しているケースもあり信販系、流通系、一部の銀行系など対象とするケースが増えてきました。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。