スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クレジットカードのでこぼこ

クレジットカードの券面に記載されているクレジットカード番号や有効期限、氏名をご覧になるとわかりますが、文字が立体的に浮き出たたようになっています。なぜ、そうなっているのでしょうか?

 その理由は長年クレジットカードを利用している方はすぐわかりますが、最近利用し始めた方にはわからないかもしれません。今はCATで伝票を処理する加盟店が大半だからです。

 CATはクレジットカードの磁気を読み取り、クレジットカード会社から承認を得る端末機ですが、CATが普及する以前は手作業でこの処理が行われていました。つまり承認は電話で行いインプリンターといわれる機器でクレジットカードの券面情報を写し取っていたのです。

 その頃の伝票は複写式で、インプリンターにクレジットカードを置き、その上に伝票をかぶせてローラーをかけて複写していました。そのために券面の文字が浮き出ているのです。
 これはクレジットカードだけでキャッシュカードやデビットカードなど磁気読み取り専用のカードは平らででこぼこはありません。

 クレジットカードがいまだにでこぼこがあるということは、インプリンターを利用している加盟店、つまりCATを導入していない加盟店がまだ存在しているのでしょうか?それとも単なる慣習になっているのかわかりませんが、クレジットカードを作るシステムを変えるにもお金はかかりそうです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。