スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

証書貸付のメリット

お金を借りる制度としてキャッシングは広く普及していますが、それまでは証書貸付や無担保融資といわれる制度が貸付の中心でした。もちろん証書貸付は今でもあり、特に借入目的がはっきりしている場合には有利な金利設定となっています。

 キャッシングのメリットはクレジットカードやカードローンを利用していつでも好きな時に借入ができるという手軽さです。これが借りすぎを生み出すデメリットともなるのですが。
 これに対して証書貸付は借入の際に借入先の店舗に出向いて、契約書を作成したり必要書類を提出したりしなくてはいけません。

 そのかわり明確な使用目的があり、それを証明できる書類を添付すれば金利は格段に低い料率で借入が可能です。返済方法は分割払いとなるので、リボ払と違い借入が増えると返済金も増えます。デメリットのようですが、借りすぎを防ぐ意味ではメリットとなります。1件ずつ返済していくという姿勢が生まれるからです。

 多重債務に陥るケースはやはりリボ払を多用して残高が増え続けることが原因となります。リボ払では返済額が変わらない為、借入残高が増えても抵抗がないからです。

 キャッシングは1ヶ月以内に返済できる場合に利用し、長期の返済をする場合には証書貸付を利用するのが安全な利用方法です。銀行系カードは今でもそうですが、キャッシングは1回払いのみというのが一般的ですから。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。