スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本のクレジットカード業界

日本のクレジットカード業界は欧米と違った道を歩んできています。もちろんクレジットカードの制度そのものが輸入されたものですが、クレジットカードの国内ブランドが発達しているのが特徴と言えるでしょう。

 クレジットカードの発行は丸井が初めてで(1960年)、クレジットという言葉を初めて使ったのも丸井です。それまでは割賦や月賦といわれていました(当時は丸井がクレジットの代名詞でした)。翌年には三和銀行と日本信販が日本クレジットビューローを設立しました。日本信販を英訳したもので今のJCBの前身となっています。

 1966年からは次々とクレジットカードが発行されます。日本信販(UFJニコス)、ダイヤモンドクレジット(UC)、住友クレジットサービス(三井住友VISA)、ミリオンカードサービス(UFJニコス)、ユニオンクレジット(UC)、オリコ、セントラル、国内信販(楽天KC)、ジャックスと次々に銀行系、信販系のクレジットカードが発行されていきます。

 これらのブランドは国内でそれぞれ独自に加盟店を開拓しているため、クレジットカードによって利用できる加盟店が違っています。つまり加盟店とより多く提携していることが有利であった時代です。中には悪徳業者といわれる加盟店と提携したり、すぐに倒産したりした加盟店もありトラブルの元となることも少なくくありませんでした。今では加盟店契約時には十分な調査を行うことは当たり前ですが、当時はとにかく数多く契約することを優先した弊害もありました。

 国内ブランドと海外ブランドを併用して使えるクレジットカードを発券したのは年日本信販が初めてでした(1987年)。この後他社も同様にVISAやMasterCardとのデュアル発券を進めていきますが、唯一自社クレジットカードブランドの国際化を進めていったのがJCBで、日本唯一のクレジットカード国際ブランドという地位を獲得しました。日本だけではなくアメリカ以外のクレジットカードブランドとしては初めてのものです。

 日本だけのクレジットカードの特徴としては、分割払いとボーナス一回払いが上げられます。信販系のクレジットカードが保有していた分割払いという制度がそのまま引き継がれています。ボーナス一回払いも日本の終身雇用制度を背景とした固有のものです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。