スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クレジットカードの磁気と印刷

クレジットカードはプラスティックでできているカードで、お金と同じ働きをするのでプラスティックマネーという言い方をされることもありますが、そのサイズなどは当然ながらISOやJISによって規格が決まっています。クレジットカードに限らず磁気ストライプを持つカードの規格となっているので、銀行のキャッシュカードやレンタルビデオ店の会員カードも同じ規格で作られています。

 クレジットカード悪用の手口にクレジットカードの磁気を読み取るスキミングといわれるものがありますが、カードの磁気を読み取る機械(スキマー)は実は合法的に販売されています。なぜかというとレンタルビデオ店のようにクレジットカード会社や銀行でなくても、カードの磁気を読み取る必要がある業種がいくらでもあるからです。悪用されているからといって販売を中止させるわけにも行かないようですが、クレジットカード犯罪を防ぐためには、販売時に身元を確認するなどの措置があってもいいような気がします。

 クレジットカードを発行しているのは当然クレジットカード会社ですが、クレジットカードそのものを作っているのはどこなのでしょうか?これは以外といえば以外、当たり前といえば当たり前ですが印刷会社です。印刷会社といえば紙に印刷するイメージがありますが、紙ではなくプラスティックにも印刷が可能です。印刷以外にもエンボスといってクレジットカード番号などを彫り込む作業も行います。

 即日発行を行っているクレジットカード会社の支店などには、エンボッサーというクレジットカードを彫り込む機械が置かれています。クレジットカードを急ぎで発行する場合には、あらかじめ何も掘り込まれていないクレジットカード(生カードといわれています)を準備しておき、審査で承認が下りてから番号を彫り、お客様に直接渡します。

 これで郵送期間がかからず早く発行ができます。しかし、全ての種類のクレジットカードを準備するわけにも行かないので、即日発行できるカードはスタンダードなクレジットカード(プロパーカード)に限られます。即日発行ができるクレジットカードが限定されているのはこういう理由からです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。