スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショッピングクレジットのデメリット

クレジットカードのショッピングや、ショッピングクレジットを利用している方は多いと思います。クレジットカードの場合基本的には1回払いであれば手数料はかかりません。しかし、ショッピングクレジット(その都度契約書を作成するもの)の場合は、加盟店との契約により手数料がかかる場合もあります。

 分割払いやリボ払の場合はどちらも手数料がかかりますが、最近手数料が改定されて高くなっていくクレジットカード会社もあり実質年率では15%前後となっています。これを高いと感じるかどうかは人によりますが、現在のキャッシング金利と比べれば低くなっています。

 ところが分割で最後まで支払った場合には、ショッピング利用の手数料は低いのですが、途中で一括した場合には、キャッシング金利の方が低くなるケースが多いのです。なぜかというとキャッシングは一括で支払った日までの金利を払えばよいのですが、ショッピングには規制がないため一括で支払った場合、違約金扱いで数10%の事務手数料を支払う規約となっています。

 なぜこのような違いがあるかというとキャッシングは貸金業法により規制されているため、どのような名目でも金利としてみなされます。事務手数料名目で10%を徴収しても金利に加算されると出資法の上限金利を超えてしまい刑事罰が科せられます。ショッピングの手数料は割賦販売法の適用となり、同様の規制がないため一括支払時に事務手数料を徴収できるのです。

 クレジットカード会社の分割で支払うという契約をしているのに、途中で一括するのは契約違反であるという主張はもっともな話で、貸金業とと同じ対応をすると利益が激減する可能性があります。そうすると最終的には顧客にしわ寄せが来てクレジットカードのサービス低下などに繋がってしまいます。

 利用する側の対応策としては途中で一括する可能性がある場合は、なるべく低金利のキャッシングやカードローン、融資などを利用するしかなさそうです。早い段階で一括する場合にはショッピングの手数料率15%を上回る金利でも、充分に金利を節約することができます。ショッピングの一括手数料は、未払いの手数料総額の50%以上となることが多いのです。

詳細は姉妹サイトの「ショッピングリボ払より安い?」で。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。