スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クレジットカード審査項目:利用状況(他社)

クレジットカードの利用状況は個人信用情報機関(CICなど)に加盟しているクレジットカード会社で情報を共有します。ほとんどのクレジットカード会社が加盟しているCICでは利用状況の良し悪しはもちろん申し込みの情報も一定期間共有しています。

 従って同時に3社へクレジットカードを申込むと、タイミングにより1番最初に受付を行ったクレジットカード会社を除き、2社目は1件、3社目は2件の同時申し込みがあったことがわかります。この件数があまり多いとそれだけで却下となる可能性があります。

 加盟している個人信用情報機関により共有する情報が異なる場合があります。CICではほぼ全ての情報を共有しますが、CRINといわれるクレジット系・銀行系・消費者金融系で交換している情報システムではネガ情報(遅れの情報)だけを共有しています。

 クレジットカード審査ではこの他社情報は自社情報に次いで重要な位置にあるといっても過言ではありません。多重債務を防止するには不可欠な情報であり、自社情報では知りえないかくれた利用状況がわかるからです。

 逆に自社で全く利用がない場合でも、他社情報で良好な利用があればプラス材料として判断され、クレジットカードの発行される確率は高まります。

クレジットカード審査については姉妹サイトでもっと詳しく解説していますのでご一読ください。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。