スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クレジットカード審査項目:利用実績(自社)

クレジットカード審査で最も重要な項目が利用状況(クレジットヒストリー)です。特に申し込みをしたクレジットカード会社における利用状況は、最重要項目です。自社での利用状況がよければお得意様であり、悪ければ送れたときの督促状況まで確認できるからです。

 遅れといっても単純に支払えなかった場合から、トラブルによるものまで様々あり、単に遅れの回数だけでは判断できない部分もあります。特に複数の利用があって1件だけ遅れている場合などはトラブルの可能性があります。

 通常は顧客に非のないトラブルによる遅れのカウントは抹消するか、審査基準の対象外とする処理が行われますが、まれに処理ミスもありますので確認することが必要です。

 利用実績に遅れがない場合でも残高が多い場合には却下となるケースもあります。収入は無制限ではないため個人が支払える限度があります。他社利用やクレジットカード以外のショッピングクレジットの利用なども含めて、年収を超えるような残高であれば支払は困難となります。

 貸金業法の改正により貸金の部分(キャッシング等)については、貸し出しの制限が設けられることになり、今後は残高のチェックがクレジットカード審査においても重要なポイントとなることが予測されます。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。