スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クレジットカード審査項目:勤務先

クレジットカード審査で勤務先に関する情報は重要な部類に入ります。融資の審査では50万円以上は収入証明書の提出が必要ですが、クレジットカード審査では収入を証明する書類は基本的に不要です。従って収入を裏付けるはっきりとしたものがないため、勤務の状況によってある程度の判断をするしかありません。

 勤務先と勤続年数、勤務形態がその判断の基準となります。ここでは収入の判断をするのであって、職業の差別をしているのではありません。やはりクレジットカード会社の長い取引歴から未収となる確率が高い職種は存在します。しかし、あくまで参考であり最終的には個人の支払い能力と支払実績が審査の最重要ポイントとなります。

 勤務形態はクレジットカード会社によって、またはクレジットカードの種類によって対象が特定される場合があります。つまりパート、アルバイト、派遣社員などの非正社員については、対象外となっているクレジットカードもあります。
 一般的には供与がクレジットカードを低く設定してクレジットカードを発行するケースが多くなってきています。しかし、クレジットカード発行後に利用状況によって、利用枠をアップするかどうかはクレジットカード会社によって異なります。通常であれば利用状況がよければ増枠申請により利用枠を増枠することが可能ですが、パート、アルバイトは対象外としているクレジットカード会社もあります。

 勤続年数については長いほうが良いのは間違いありませんが、短くても新卒や同業種の転職(キャリアアップ)については考慮されますので、極力申込書にわかるように記載したほうがよいでしょう。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。