スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クレジットカード審査項目:居住関連

居住に関する項目についてはクレジットカード審査上では補足的な役目となっています。この項目が大きな影響を与えることはあまりありません。
 もちろん自己所有の戸建やマンションに居住していればアパートや賃貸マンションよりは有利と考えられますが、自己所有であっても住宅ローンがあればかえって賃貸の方が経済的には楽だったりする場合もあります。

 居住に関してはいろいろな事情による場合もあり、これだけで判断できるような項目ではありません。他の項目と併せて審査するのが通常のやり方です。例えば同じアパート住まいでも家族で住んでいて固定電話を設置している場合と、一人暮らしで携帯電話だけという場合ではクレジットカード審査上は全く違う状況となります。

 居住に関して安定していると判断されるのは農家などで、ずっと同じ場所に長く居住している場合ですが、それでも年齢が若ければいつまでも実家に居住しているかどうかは疑問です。

 このように居住に関する項目については、クレジットカード審査の判断材料としては二次的なものと考えても間違いではありません。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。