FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クレジットカード会社のATM事情

クレジットカード会社は自社でATMを設置する営業展開を進めてきましたが、最近では銀行などの金融機関と提携してATMを利用する戦略に切り替わっています。
 それに伴ってクレジットカード会社の自社CD(貸出専用)は撤去されています。リース料や警備費用、設置場所の賃料などもかかり、売上高も減っているためクレジットカード会社で採算が取れなくなっているからです。

 金融機関と共同利用しているATMは設置場所も立地条件も良好の上、利用手数料だけの経費なのでクレジットカード会社の自社CDに比べてはるかに効率がよいのです。しかも、顧客にとっても銀行預金を引き出すように借入ができるのは、見た目もよく抵抗がない上に設置箇所も多く便利なため、銀行ATMでの売上高は上昇しています。

 かつてクレジットカード会社が消費者金融の真似をして設置した自動契約機はすっかり姿を消しています。自動とはいっても最終的には人間が対応しているため、機械の設置費用のほかに人件費もかかるというダブルコストとなるからです。
 しかし、思ったほど利用する顧客がいなかったことが最大の利用です。

 銀行ATMでは返済ができないため自社ATMを残していますが、コンビニやネットバンクを利用していつでも返済できるシステムが普及すれば全て撤去となる日も遠くはないでしょう。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。