FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クレジットカード会社に勤めたい人へ その1

私がクレジット会社に勤務しようと思ったのは、仮にも金融機関だからつぶれないだろう程度の考えでしたが、今では銀行でさえ倒産してもおかしくない時代になりました。しかも、私が勤務していたのはいわゆる信販会社で、正確に言うと当時はノンバンクと言われていて金融機関ではありませんでした。

 他にノンバンクと言われていた業種は消費者金融会社やリース会社等がありました。
 クレジット会社の雰囲気は皆さんどのように感じているのかわかりませんが、いわゆる銀行とは大違いです。よくいえばおおらかですが、悪く言うといい加減なところがあります。いい加減といっても金銭を取扱っているので、そこはきちんとしていますが、それ以外では硬いところはありません。

 基本的に信販会社は純粋なクレジットカード会社と違い、ショッピングクレジットやオートローンなどの加盟店を相手にしています。
 こういった加盟店は単価が高いためクレジットの承認が下りないと、売上が大幅に下がります。従ってその加盟店の営業担当に無理を言って、承認させようとする加盟店や他の信販会社に切り替えたりする加盟店が多いのです。

 クレジットカードの加盟店が却下になった売上を無理やり承認させることなどはありえません。また、基本的にレジで清算するクレジットカードは第三者の前で承認するので、却下されるようなクレジットカードを利用する人は少ないこともあります。
 中には顧客がクレジットを通らないことがわかっていながら、承認しなければもう売上をやらないといった脅しで無理やり承認させようとする悪質な加盟店もあります。

 クレジットカードと違い、ショッピングクレジットをどのクレジット会社に申込むかは加盟店に決定権があります。従って立場としては本来対等なはずですが、加盟店の方がどちらかというと力関係は上になってしまいます。
 こういった加盟店を相手にしているので、杓子定規に相手をしていると売上が上がらなくなるので、必然的に営業担当は柔軟な対応をせざるを得ないのです。

クレジットカード会社へ勤めたい人へその2
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。