FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クーリングオフ

クーリングオフについては皆さんも耳にしたことがあると思います。訪問販売や展示会など通常の店舗でない場所で商品を購入した時に適用される制度です。

 そういった場所で販売された場合、購入者の意思で店舗に出向くのと違って、いわゆる「買わされてしまう」状況に陥るケースが多いのです。そのため消費者保護のため8日以内であれば無条件で解約できる制度がクーリングオフです(理由も不要です)。

 クーリングオフが適用されるには指定商品であることや店舗外での販売であることなど条件があります。商品は一般に消費するものはほとんど含まれていますが、一部商品は使用するとクーリングオフができません(化粧品、健康食品など)。

 基本的にクーリングオフについて記載された書面を渡してから8日以内にクーリングオフができますが、書面をもらっていなければ永久に解約可能です。

 悪徳業者になるとクーリングオフしないという誓約書を無理やり書かせたりすることもあるようですが、もちろんそんなものは無効です。しかし、万一クーリングオフを承諾しないような業者から買ってしまった場合には、まず下記のサイトで近くの相談先を探して連絡してみましょう。

 インターネットで検索すると行政書士のサイトがたくさんありますが、まず無料相談してからでも遅くはありません。

 尚、クレジットを組んでしまった場合には、クレジット会社へもクーリングオフのはがきを出しましょう。それでも請求が止まらない場合は支払い停止の抗弁権を使いましょう。

 相談はこちらへ ⇒ 国民生活センター
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。