スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CATとオーソリゼーション その2

加盟店はCATによりオーソリを行ってから出てきた伝票に顧客からサインをもらい、伝票をクレジットカード会社へ送付して代金の請求を行います。つまりCAT自体はオーソリを行うためだけにあり売上げのデータは送付していませんでした。

 しかし、CATで送付した情報は100%伝票に反映されるため、CATで送られてきた情報を基に売上データを集計し加盟店へ支払うCATができました。

 これがG-CATといわれるもので、Gはギャザリングの略です。
 G-CATを使えば伝票は送付しなくて良いかというとそうではなく、伝票はあくまでクレジットカード会社へ送付するのが前提です。ただ伝票到着前に加盟店への支払処理が行われるということです。

 CATは各社の共通仕様になっているため1台あればクレジットカード会社全てのカードが利用できます。

 しかし、データは設置したクレジットカード会社へ送付されるため、他の会社はCATへの登録と設置会社への手数料を支払います。ですからクレジットカード会社としては先に設置したほうが利益になります。

 CATとオーソリゼーションその1
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。