スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グレーゾーン金利

一度は目にするか耳にしたことがあるかもしれませんが、消費者金融の業界では今一番問題となっているのがグレーゾーン金利です。この場合の金利はお金を貸し付ける場合の金利であって、ショッピングで利用する場合の金利ではありません(業界ではショッピングの場合は手数料という表示をして区別しています)。

 銀行以外でお金を貸し付けする業者は届出を行い登録番号を配布され表示を義務付けられます。これがいわゆる貸金業者で、貸金業法によりいろいろな規制を受けています。貸付金利の制限もその中のひとつですが、貸付金利の上限を設定した法律が二つあります。それが利息制限法と出資法です。

 利息制限法の上限金利は金額によって違いますが15~20%が上限と為っています。これに対して出資法では29.2%を上限金利としています。利息制限法には罰則規定がありませんが、出資法には罰則規定があり、諸手数料も金利に含められるなどの制限もあります。クレジットカードのキャッシング利率や消費者金融会社の貸付金利はこの出資法の上限に基づいて設定されています。この二つの法律の上限金利の間をグレーゾーンといいます。

 2006年12月に国会で承認された法案では出資法の上限金利も利息制限法の上限に合わせてグレーゾーンが撤廃されることになりました。施行まで3年くらいはかかるようですが、クレジットカード会社各社は改正をみこして低金利の商品をどんどん出しています。グレーゾーンの撤廃により中小企業の倒産や大手との合併・吸収も考えられ業界の再編がさらに進むでしょう。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。