スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クレジットカード会社の利益

クレジットカード会社の利益についてお話したいと思います。クレジットカード会社が利益を出すということは、あなたが多くお金を出すことにつながります。クレジットカード会社の利益の仕組みを知っていれば、余分なお金をなるべく出さずに、上手にクレジットカードを利用できることになります。

 クレジットカードの場合、一般のお店でいう仕入れは銀行からの借入となり、ここで低い金利で借り入れて、小売にあたるクレジットカードの手数料やキャッシング金利を高くしてその差額を利益としています。

   クレジットカード会社も基本的には物品販売と同じで、安く仕入れて高く売るのが基本です。物品販売もクレジットカードで利益を上げる仕組みはほとんど変わりません。しかし、クレジットカードは基本的に会員になってしまえば利用する確率は高くなります(最近はポイントやキャッシュバック目当ての場合もあり一概には言えませんが)。そのためクレジットカード会社各社は会員獲得にもっとも力を入れています。

 会員獲得と同じように力を入れているのが残高の維持です。これはすでに会員獲得の時点でシステムが出来上がっています。つまり残高を減らさないようにリボ払でのポイント付与を高くする。リボ払専用のクレジットカードにする。1回払いで利用してもリボ払に切り替えやすくする・・・などいろいろな方策をめぐらせて残高を減らさないように先に手を打っておくのです。

 クレジットカード会社の利益は大半がクレジットカード会社会員からの金利・手数料収入です。つまりクレジットカード会社が利益を出すということは、あなたから金利・手数料を多く取るということに他なりません。

 クレジットカードを賢く使うには金利・手数料を余分に払わないよう、なるべく低金利のクレジットカードを選び、1回払いを中心に利用し、リボ払合は計画的に利用していくことが大事になります。

 リボ払は便利な分いつまでも残高が減らないという危険性を秘めています。一度ここ数ヶ月の残高がどのように変化しているのか調べてみるといいかもしれません。増え続けているようであれば要注意です。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。