FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーソリゼーションの裏話

現在はCATでオーソリを行うことがほとんどですが、一昔前は社員が各支店で対応していました。その後、CATの普及とともに専門部署が設置され現在に至っています。専門部署では海外利用もあるため交代制で24時間対応を行っています。

 CATのない時代は買い回りといわれる不正行為が横行していました。オーソリは店員が電話でクレジットカードの番号などを読み上げて行っていましたが、全件行うのは加盟店に負担を強いるため金額で制限を設けていました。

 つまりオーソリが不要な価格帯が存在していたので、それ以下の金額で買い回りをして換金するという手口が横行しました。自分のクレジットカードに場合もありますが、盗難・紛失のカードを悪用する場合もあります。発覚まで1ヶ月以上あるためカード1枚で1千万円の被害となることもありました。

 その当時は24時間体制はとっていませんでしたから、夜間利用は野放し状態でした。今ほど飲食店の加盟店は多くなかったですが、飲食店での悪用は換金こそできませんが、無銭飲食に近い状態でした。

 当時からオーソリでの利用限度は、クレジットカードの供与額に若干プラスアルファをしていました。つまり50万円の限度額でも55万円まで承認をしていたのです。上乗せ額はわかりませんがおそらく今でも若干の余裕は持たせていると思います。

 クレジットカード会社も売上がないとこまるので、若干の上乗せで売上が成立するのであれば、危険負担は少ないと判断します。利用状況に問題がなければ、10%程度の上乗せで問題が生じることはないからです。
 海外利用の場合は事前に申請すれば供与額は大幅にアップしてくれます。これはもちろん審査を伴いますが、一時的なアップなので比較的簡単な審査となります。海外での買い物はつい財布のひもが緩むので、売上が期待できます。さらに1回払いはリボや分割払いにも変更できるので安心です。
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。