スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

提携カード

提携カードはFCカードとも言います。FCはフランチャイズの略で、クレジットカードの券面には提携している加盟店のロゴとクレジットカード会社のブランド名が両方印刷されています。

 代行カードは特定の加盟店でしか利用できませんが、提携カードはそのクレジットカード会社のブランドが利用できる加盟店であればどこでも利用することができます。顧客に届出っては代行カードに比べて利用範囲が広がる上、加盟店のサービスも受けることができます。

 加盟店にとっても代行カードを発行するよりは経費が安くなります。クレジットカード会社のブランドを表示することによって、クレジットカード会社にも他の加盟店での利用が期待できるためメリットが生じます。その分クレジットカード会社も経費を一部負担するため、加盟店の経費が安くなるのです。

 クレジットカード会社はプロパーカードの方が利益はありますが、加盟店の販売力を利用して会員を増やすことができる上、その加盟店以外での利用も見込めることでメリットがあります。3者ともにメリットがあるため提携カードがここまで普及したのです。
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。