スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

代行カード

代行カードはハウスカードともいわれ、特定の加盟店でしか利用できません。クレジットカードの券面を見ると通常表側にはクレジットカード会社のブランドが印刷されていますが、代行カードは加盟店のロゴマークしか印刷されていません。

 加盟店にとっては顧客が他の店に流れないため大変メリットが大きいカードですが、顧客にとっては利用場所が制限されるため使いにくい点があります。逆に特定の店でしか利用しない場合や特定のサービスを受ける場合にはメリットがあります。

 しかし、代行カードの場合はクレジットカードを発行するのに必要な経費はほとんど加盟店の負担となります。従って、一定枚数以上の発行と売上がなければ経費の方が多くかかり、メリットがなくなってしまいます。代行カードを発行したのはいいけれど会員が集まらず、途中でやめてしまった加盟店を多く見てきた経験があります。

 顧客に届出って魅力のあるサービスを提供し続けるには、加盟店にも資力や組織力が必要となります。そんなわけで代行カードは会員数が減少して、提携カードが普及してきているのです。
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。