スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロパーカード

クレジットカード会社にはその会社のメインとなるクレジットカードがあります。それがプロパーカードといわれるカードです。

 本来クレジットカードはプロパーカードしかなかったと言っても過言ではありません。その後代行カード(ハウスカード)といわれる、特定の加盟店でしか使えないクレジットカードができました。現在のクレジットカードの中心となっている提携(FC)カードは一番最後に導入されています。

 プロパーカードはその会社のメインだけあって、特典やサービスに関してはほとんど利用でき、海外旅行傷害保険なども充実しています。基本的には年会費がかかるものがほとんどですが、サービスを考えると損はありません。

 提携カードは提携先へのキックバックが発生する場合があります。つまり売上高の0コンマ数パーセントをキャッシュバックするのです。それは社会貢献の寄付金であったり、非営利団体への事務費用だったりしますが、もちろんクレジットカード会社の利益の中から捻出されています。

 プロパーカードにはこういった費用はかからない上年会費も入るため、クレジットカード会社としてはプロパーカードの発行枚数が増えたほうがメリットがあります。利用者にとっては年会費無料の提携カードのほうが、加盟店の特典もありお得感があるかもしれません。

 しかし、提携カードはゴールドカードのないものが多く、将来はゴールドカードのサービスを受けたいと思っている場合には、プロパーカードで実績を積んだほうが取得できる可能性が高くなります。

 メインとしてプロパーカードを持ち、サービスによって1~2枚の提携カードを持つパターンがよいかもしれません。
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。