スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

個人信用情報機関:CRIN

CRINは正確に言うと個人信用情報機関ではありません。クレジットカード会社の加盟を中心としたCICと銀行を中心としたKSC、消費者金融業界を中心としたJIC(全情連系列)という3つの個人信用情報機関が情報交換を行っているシステムをCRINといいます。

 CRedit Information Networkの略で、3つの情報機関のネガ情報のみを交換し、加盟会社の共有情報としています。ネガ情報はいわゆる支払の遅延に関する情報で、正常に支払われている情報の交換はありません。

 貸金業法の改正により貸金業者は指定信用情報機関に加盟することが義務付けられるようになります。2010年頃までには貸金業者の信用情報機関が統一され、ネガ情報だけではなく正常な支払の情報(ポジ情報)も共有されることになります。

 現状では系列により情報股間が完全には共有されていませんが、統一後は多重債務者の防止に役立つことになります。その時点ではCRINについても見直しが行われているかもしれませんが、現状では唯一業種を超えた共通情報源となっています。
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。