スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クレジットカードの更新審査

クレジットカードには有効期限がありますが、基本的には会員を退会しない限り自動的に更新されます。通常は5年で更新されるクレジットカードが多くなっています。
 しかし、自動更新とはいっても支払が遅れている場合に、更新するわけにはいかないので、更新前に審査が行われます。

 更新は毎月ある上、件数が膨大であるためほぼ100%コンピューターによる児童審査によって行われます。更新の条件はクレジットカード会社によって異なりますが、基本的によほど遅れていない限りは更新されるのが通常です。

 更新審査の基準をあまり厳しくすると会員数が減少してしまいます。また、コンピューターによる自動審査のため、チェック項目も新規入会に比べると少なくなっています。

 基本的には現在遅れがあるかどうか、過去の遅れの回数や遅れた期間、他社のネガ情報があるかどうかのチェックとなります。本来であれば勤務先が変わったかどうかといった情報もチェックしないといけませんが、それを行うためには全件電話確認が必要となり、現実的には不可能となります。

 遅れがないという客観的事実により、たとえ勤務先が変わっていたとしても、支払い能力はあると判断して勤務先情報のチェックを省略しているわけです。
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。