FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

主婦へのキャッシング停止

消費者金融会社の大手4社や三菱UFJニコス、JCBなどのクレジットカード会社では主婦へのキャッシングを停止することを公表しています。これは6月からの貸金業法改正施行によって総量規制が行われ、年収の1/3の貸付に制限されることと関連しています。主婦への貸付には配偶者の所得証明や承諾書、婚姻証明書など通常に比べて提出書類が多くなります。複雑な書類提出になるため実質的に借り入れ希望者は激減するでしょう。

さらに貸付側も手間がかかる上に金利も引き下げられ利益が少ないこと等があり、主婦へのキャッシングは儲からないと判断した結果のようです。問題は現在借入をしている主婦です。ほとんどが生活費のために借入しているといった状況なので、借り入れができなくなることは生活の破綻につながります。ヤミ金融への流れ込みも懸念され、貸金業法改正によって多重債務者が増える結果にもなりかねません。

結果として弱者に対する救済策がないままに業法改正が実施されそうです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。