FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月からの変化

2009年4月にはクレジットカード業界にさまざまな変化がありました。大きな動きとしてはセディナの誕生です。OMCカードとセントラルファイナンス、クオークの合併によってセディナという新しいクレジットカード会社ができました。信販事業も引き継いでいるので正確には信販会社です。セントラルファイナンスはジャックスとの合併を嫌って三井住友グループに移りましたが、この合併では信販事業で主導権をとることができます。存続会社のOMCカードはクレジットカード専業だからです。

クレジットカード業界ではありませんが消費者金融系列の個人信用情報機関にも大きな変化がありました。いままで全国の信用情報センターを取りまとめる形で全国信用情報センター連合会(全情連)が存在していましたが、日本信用情報機構(JIC)が設立されたのです。母体はテラネットで複数あった個人信用情報機関のデータと組織を一本化しました。これによって組織がすっきりして指定信用情報機関に対応することができます。

クレジット業界の機関である日本クレジット産業協会が日本クレジット協会に名称変更しています。これは大きな意味があるかどうかはわかりませんが、単なるイメージを帰るためのような気がします。今までクレ産協と呼んでいましたがこれからはクレ協になるんでしょうか。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。