FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クレジットカードの督促業務

クレジットカードに限らず督促を受けるというのは気持ちのいいものではありません。特にクレジットカードは支払に遅れたことに気づいたら早急に対処しないと、クレジットカード利用を停止されてしまう可能性があります。

 督促の流れについてはクレジットカード会社によって全く異なります。特に銀行系のクレジットカード会社は厳しい対応を行っています。いわゆる信販系や流通系に比べると、クレジットカードの利用停止までの期間は短いようです。そのかわり支払が正常に戻った時点で、再度利用できるようになります。

 信販系クレジットカード会社は逆にクレジットカードを停止するまでには、ある程度の期間がありますが、いったん停止になると復活が困難というケースが多いようです。私が勤務していたクレジットカード会社では利用停止は一定期間の間入金がないと自動的に行われていました。もちろん状況に応じて手動で停止する場合もあります。

 クレジットカード会社によっては2週間後くらいに2回目の引落日があり、それまでに再度口座に入金すればよいケースもあります(手数料が上乗せになります)。また、最近ではコンビニやネットバンクを利用して24時間支払うシステムもあるので、それらを利用して早めに支払うことが大事です。

 経験上、遅れるパターンとして給料日と支払日がずれているケースがよくありました。つまり支払日の後に給料日が来るケースです(支払日27日で給料日月末など)。

 クレジットカードを申込む前には支払日を確認することが重要です。毎回支払いが遅れるようでは、その後の増枠や追加申込も困難となります。給料日に合った支払日のクレジットカードを選びましょう。最近では引落日を自由に選べるクレジットカードも発行されていますので、申込時によく調べてみましょう。
スポンサーサイト

キャッシングの督促

キャッシング(貸金)の支払の遅れに対する督促業務は、他の事業に比べて大きく異なる点があります。それは一度でも遅れると残金を一括して支払わなければならないということです。貸金業に関しては業者に対して厳しい規制がありますが、支払が遅れた場合については借りた側にも厳しい規約が認められています。

 それだけお金を借りた側が遅れた場合には対応を早くしないと手遅れになるケースが多いのです。といっても現実的には一度遅れただけで全額請求するクレジットカード会社も貸金業者もありません。ますます支払えなくなるのが目に見えているからです。

 どういったケースで一括請求されるかというと、今後正常な支払が見込めず法律的に強制回収を行わなければいけないと貸金業者が判断した場合です。ショッピングクレジットは支払いが遅れても20日以上経過しないと裁判所に一括請求の手続きができません。その点貸金に関しては即日裁判手続きが可能となっているのです。

 万一支払いが遅れ、全額支払うお金がない場合、ショッピング利用と貸し金利用があれば、貸金部分だけでも支払っておくことが重要です。必ず連絡を取ってどの利用に充当するのかを指定してから振り込みましょう。全額準備できるまで引き延ばすよりは一部だけでも支払ったほうが心象がよくなることもあります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。