FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

審査の考え方

皆さんがもしクレジットカードの入会審査を行うとして、いちばん決裁しにくいケースは何だと思われますか?他社申し込みが多い、利用が多過ぎる、遅れがある・・・・これらのことはマイナス要素なので、審査する上ではあまり悩まないのです。いちばん悩むケースは何かというと何もないことなのです。

 20歳前後でクレジットを利用したことがないのはある意味当然のことですが、ある程度の年齢で全く利用がない場合は判断に困ります。逆に高齢であればわかりますが、30代から50代くらいで利用がないのは、不自然に思えるのです。

 しかも、引っ越したばかりなのか、電話番号の登録もなく住民票もとれないとなるとその人物の存在も疑わしくなってきます。私が審査していた当時はクレジットカードの申し込みに免許証の写し等は必要なかったので、実在しない人物または実在する人物に成りすまして申し込みするケースもあったのです。

 今は本人確認法があり身分証明の提示が義務付けられており、当時よりはやりやすくなっていますが、それでも過去に遅れていた人間が事実を隠して申し込むことはまだ可能なのです。

 改姓して住所が変わることは一般的にもよくありますが、悪意で養子になるケースもあり審査上これを見抜くことは至難の業なのです(不自然な状況証拠を集めていくしかありません)。もしこういった方法で申し込んできた場合には、最初に書いたように何の利用歴もない状態となるので、判断に迷ったりいろいろな資料を取り寄せることになります。というわけで何もないことがいちばん困るのです。
スポンサーサイト

クレジットカード審査項目:基本情報

基本情報とは属性ともいい、個人を特定する情報のことです。いわゆる個人情報で氏名・生年月日・住所・電話番号などをいいます。  クレジットカード審査ではこの個人の特定が一番重要な点となります。個人が特定できないと利用状況もわかりませんし、そもそもその人が存在するかどうかもわかりません。  

 最近では本人確認法によりクレジットカードを申込むときでも身分を証明する書類の提出が必要になりました。そのため他人になりすまして申し込むことは阻止できるようになりましたが、基本情報が正確でないと審査上有利な情報も見のがされる可能性があります。  

 個人の特定は氏名・生年月日・住所・電話番号で行います。この中で変わらないものは生年月日だけで、他の項目は変わる可能性があります。特に女性は姓が変わるることが多いですが、引越しして姓が変わると旧姓での利用状況が反映しません。  
 住居が変わって居住年数が短くても過去の利用状況がよければ(他社の利用であっても)審査上は有利となります。改姓した場合には旧姓も申込書にわかるよう記載しましょう。

 基本情報は本人を特定するために必要な 項目なので記入ミスがないようにしましょう。そもそも自分の氏名や生年月日を間違えると、あらぬ疑いをかけられます。「本当に本人なのか」という疑惑です。
 特に直接記入する申込用紙の場合に記入ミスしてしまったら、めんどうでも書き直しをしましょう。みなさんも自分の名前や生年月日を間違えるような人とは、付き合わないか慎重に付き合うと思いますが、クレジットカード審査も同じで、基本情報に訂正があると徹底して調べられることになります。   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。