スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クレジットカードの裏情報

 

クレジットカードの裏情報と雑学

 
このブログではクレジットカード会社に25年以上勤務した管理人が、その勤務経験から業界の動向の解説や、クレジットカード、消費者金融の業務内容、用語の解説など勤務経験者でなければ提供できない情報を公開しています。



 
 

 サイトマップ

  

サイトの右サイドにあるサイトマップ欄をクリックすると前ページが、カテゴリー別に表示されますので、興味のある記事だけを選ぶことができます。



クレジットカードの最新情報はこちらのブログでどうぞ⇒クレジットカード@お得なカード情報ブログ

クレジットカードなら、JCBカード



スポンサーサイト

クレジットカード会社のCM

クレジットカード関連のコマーシャルで個人的に印象に残っているのは、おそらく20数年前に放映されていたジャックスのCMです。当時けっこう話題になったCMで、黒人の少年が楽器店のショーウィンドウに顔を付けてトランペット(だったかな?)を見つめているシーンに「ほしいものを今すぐ、クレジットのジャックスです」(正確ではないかもしれませんが)というナレーションがかぶさるものです。

 今は商品先取りで支払いは後払いというのは一般的でしたが、クレジット会社(信販会社)ができる前は、基本的にはお金を貯めてから購入するのが当たり前でした。何度も利用しているお店であれば信用があるので売り掛けにしてくれた場合もありますが。(売り掛けというのはいわゆるツケでお店が購入者を信用して支払いを待ってくれたり分割にしてくれることを言います)

 当時はまだクレジットカードも普及しておらず、ショッピングクレジットが中心でした。その中でジャックスのCMは消費者にクレジットの利便性を一瞬にして理解させるすばらしいものでした。(黒人が貧乏だというイメージを植えつけるという批判もあったかもしれませんが、CMの訴えるところとは違います)

 その後のCMは有名タレントを使ったものが多く、タレントでのイメージ戦略合戦のようになっているので(刑事(デカ)プリオはまいりましたが)、このジャックスのCMほどインパクトのあるものにはお目にかかっていません。クレジットカードの機能自体は進化してきているので、ぜひCMでもすばらしいものを期待します。

クレジットカード悪用の実例

個人的に経験した特殊なケースではクレジットカード会社のキャンペーンを利用したものがありました。そのキャンペーンは4桁の数字を登録してその数字が当選すると商品がもらえるというものでした。クレジットカードを盗んだ犯人はクレジットカード会社の社員のふりをして「当選したので、確認のため登録番号を言ってください。」という電話をクレジットカードの所有者にして、4桁の数字を聞き出しました。この数字が暗証番号と同じだったのです。

 人間は本来めんどくさがりなので暗証番号を細かく使い分けることはしません。たいがい暗証番号は使いまわしなので上記のようなことが起こります。クレジットカード会社だけではなくどんな業種の会社であっても顧客の暗証番号・パスワードを電話で聞くなどということは絶対にありません。この点は十分頭に入れておきましょう。

 クレジットカード会社に勤務していた頃こんなケースがありました。ある女性から連絡があり、身に覚えのない請求が来ているので調べてくれとのことでした。利用はキャッシングでATMから引き出されていました。防犯カメラが設置されていることを女性に説明すると、是非みたいとのことでしたので、来社してもらいビデオを見せました。

 そこに映っていたのは彼女の配偶者でした。

 キャッシングに関しては暗証番号がわからないと利用できません。昔はカードの磁気に暗証番号が記録されていて、読み取られる危険がありましたが、今は磁気には暗証番号の記録はありません。すべてホストコンピューターに確認するシステムとなっています。見に覚えのないキャッシング利用は手元にカードがある限り、ほとんどは暗証番号を知っている身近な人物が関係しています。家族を疑うのもいやなことですが、それとなく確認してみましょう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。